MI5イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。

 

----

 

原題:Mission: Impossible - Rogue Nation

製作国:アメリカ

初公開年月:2015/8/7

監督:クリストファー・マッカリー

製作:トム・クルーズ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク、デヴィッド・エリソン、デイナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャー

製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ

原作:ブルース・ゲラー

原案:クリストファー・マッカリー、ドリュー・ピアース

脚本:クリストファー・マッカリー

撮影:ロバート・エルスウィット

プロダクションデザイン:ジム・ビゼル

衣装デザイン:ジョアンナ・ジョンストン

編集:エディ・ハミルトン

音楽:ジョー・クレイマー

出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブラント)、サイモン・ペグ(ベンジー・ダン)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル)、ショーン・ハリス(ソロモン・レーン)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンリー)、サイモン・マクバーニー(アトリー)、イェンス・フルテン(ヤニク・ヴィンター)、トム・ホランダー(英国首相)

 

----

 

トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクション・シリーズの第5弾。イーサン率いるスパイ・チーム“IMF”が解体の危機に直面しながら繰り広げる、謎の組織“シンジケート”との究極の諜報バトルの行方を、迫力のアクション満載に描く。共演はジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン。シンジケートのボス、レーン役に「プロメテウス」「ベルファスト71」のショーン・ハリス。監督は「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。

 

★予告★

 

 

近年、わたしの期待を裏切らない男トム・クルーズ。今回も超おもしろかったですよ!!

「アウトロー」はタルいとか何が面白いのか全然わからないとかつまらないとか地味とか散々な言われ方をすることもありますが、わたしはすっっっごく好きなので、クリストファー・マッカリーが監督に起用された本作はとても楽しみにしておりました。

 

カーアクションとかは専門のスタントマンがやった方が派手な画は作れるに決まってますが、本人がやっているからこその荒っぽさや表情が魅力。

同乗しているベンジー役のサイモン・ペグがまたたまらんですよ。トム・クルーズの実演スタントに付き合ってるのがサイモン・ペグだから観てるこっちも単純に楽しめるし、イーサンの無茶ぶりが自己犠牲のヒロイックにならずに笑える狂気になっていると思う。そこが何より素晴らしい。

だもんで、後半ベンジーが人質に捕られてイーサンが絶対に助けようとするところの厚みもぐっと増すというか、ベンジーを大事にしてやれよ!ときっと誰もが思う。

 

今回のヒロイン、イルサもいや~かっこいいですよ!!

体型からは特にアクションに強い女優さんでは無いと思いますが、やたら決まってる。

とは言ってもさすがにヤニクとの1対1の戦いでは有り得ないというかヤニクは頭が悪いのかと思ったけども、でもイルサの動きは良かったですよ。マジで。

MI5-4特に素敵だったのはオペラ公演の劇場で狙撃しようとライフルを構えるときの足。ライフルを構えるために片足を上げると、ドレスがはだけて大腿部までスルッと見せるあのカットはなんだ。

バイクのシーンも別にたいしたことやってなくて本当はゆっくりめに走っているんだろうけど、撮り方が上手いから実にかっこいい。

走って逃げる場面なんかも、普通に超絶運動神経の良い人に見えるんだけど、なんでだろう。変に「わたしアクションがんばってます!」って感じになってないところが素晴らしい。

あとあれですよ。水中で酸欠で溺れたイーサンを助けるところ。イーサンを足でがっつりカニ挟みで抱えて救うところ。あのアングル何?言われてみれば当たり前の格好なんだけど、普通ああは撮らないような気がするんですけど。しかもトム・クルーズぶっさいくになってるし。そんで二人のその不格好さがいい!クリストファー・マッカリー監督は出来る男!

 

MI5-3バイクのシーンと言えば、イーサンが一回膝を擦ってる場面があって、あれたぶんトム・クルーズが本当にうっかりバイクを傾け過ぎて膝を擦ってしまったんだと思うんだけど、ああいうカットを使ってしまうところもすっごい好き。

 

ということで、大変満足しました。次作も楽しみに待とう。

 

 

ところで、クリストファー・マッカリーの初監督作品の「誘拐犯」というのがありまして、これも良いんですよ。

一見、一時期多かったシャレオツな犯罪モノのバディムービーのようではありますが、やっぱりちょっと変わってます。話運びが変というかやや気持ち悪いところとかも好きです。そしてクライマックスの銃撃戦が衝撃的。クリストファー・マッカリーの新しいような古臭いようなセンスはこの頃から変わらないようです。

 

「誘拐犯」クライマックスの銃撃戦

http://www.youtube.com/v/VBlkUc2IzOY" type="application/x-shockwave-flash">

 

お安くなってます。